サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2018年11月22日


三原市の大雨による災害について

湯河原町からの支援に対するお礼

冨田町長(左)から天満市長(右)へ見舞金を手渡しました。

冨田町長(左)から天満市長(右)へ見舞金を手渡しました。

 平成30年11月14日(水)、平成30年7月豪雨により被災した広島県三原市の天満祥典市長と仁ノ岡範之議会議長が湯河原町役場を訪れ、現在までの三原市の被害状況や復旧状況についての報告と、本町からの救援物資、職員応援、見舞金に対するお礼のお言葉をいただきました。

 また、その際に、三原市への直接支援とするため、7月23日(月)から、町独自に見舞金を受け付けを行っている見舞金のうち、8月23日(木)から11月12日(月)までに町民や各団体の皆様からお預かりした見舞金562,451 円を冨田町長から天満市長にお渡ししました。


三原市長からのお礼状

三原市長からのお礼状

三原市長からのお礼状

平成30年9月号三原市広報記事について

平成30年9月号 三原市広報記事(抜粋)

平成30年9月号 三原市広報記事(抜粋)

平成30年7月豪雨における広島県三原市への支援に対するお礼について

三原市大西副市長来町

 平成30年8月24日(金)に平成30年7月豪雨により被災した広島県三原市の大西副市長が湯河原町役場を訪れ、本町からの救援物資、職員応援、見舞金に対するお礼の言葉をいただきました。
 また、町では、親善都市である三原市に直接支援とするため、7月23日(月)から町独自に見舞金を受け付けていますが、8月1日から22日までに町民や各団体の皆様からお預かりした見舞金183,792円を冨田町長から大西副市長にお渡ししました。
 本町におきましても、犠牲者の皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災されました皆様に心からお見舞い申し上げ、三原市の一日も早い復旧・復興を願っております。


三原市に見舞金を届けました

三原市見舞金

 町民や各団体の皆様からお預かりした広島県三原市への見舞金は、7月受付分までの1,641,918円を8月10日(金)、三原市長に直接お届けしました。皆様からの温かいご支援に感謝申し上げるとともに、今後とも引き続きのご協力を、よろしくお願いいたします。
 

※写真は、左から
 三原市職員、北村公営企業管理者、三原市天満市長、室伏重孝議員、三原市政平副議長、三原市大西副市長


広島の読売新聞に掲載されました

 読売新聞に、湯河原町の三原市災害支援に関する記事掲載がありました。

三原市湯河原掲載記事.pdf
PDF形式 :149.3KB


三原市民の方からお礼のメールが届きました

 7月20日(金)・21日(土)に三原市民お一人から、町長あてに2通メールが届きました。メール本文をご紹介します。

○7/20(金)
本日、帰宅しているときに貴町のタンクを積んだトラックを見かけました。
きっと、温泉の湯を届けようとしてくれているんだろうと理解しました。
小さいトラックで一生懸命運ぼうとしてくださっているんだろうと思うと、ありがたくてありがたくて涙が出ました。
頑張ったトラックが悲鳴をあげていたようでしたが…
本来なら目にすることもなかったタンクかもしれません。アクシデントのおかげでそれを目にすることができ、貴町の思いを感じ、胸を熱くすることができました。
運転されていた方は、見知らぬ土地で大変でしたでしょうが、どうぞよろしくお伝えください。
いつか、湯河原へ行ってみたいと思います(^^)

○7/21(土)
お世話になっている三原市民です。
昨日は、状況もわからないままメッセージをお送りまして申し訳ありません。
その後、当市のケーブルテレビにて、貴町の職員の方が災害対応応援で滞在しておられることを知りました。気持ち良い対応をして頂いている様子でした。
暑い中の気を遣われる業務で、帰られたらきっとお疲れが出ると思います。
私が言うのも恐縮ですが、どうか温かいご配慮をお願い致します。
重ねて、ありがとうございました(^^)

見舞金の受け付けをはじめました

 町では、平成30年7月豪雨により被災した、親善都市・広島県三原市への直接支援とするため、町独自に見舞金の受け付けをはじめました。皆さんのご協力をお願いします。

受付期間:12月31日(月)まで
受付方法:次の場所に「募金箱」を設置しています。
     ○住民課窓口(受付時間:8:30~17:15 ※役場開庁日のみ)
     ○駅前観光案内所窓口(受付時間:8:30~17:15)
     
     なお、受領証が必要な団体等は、役場地域政策課に直接ご持参ください。 

人的支援として、職員派遣を行います

 三原市からの支援要請を受け、7月16日(月)から当面8月末までの間、常時4人態勢となるローテーションで職員派遣を行います。職員4人は、一般職2人、消防職2人の構成で、三原市の指示による事務支援などを行います。

以前のリリース

第2陣の緊急物資援助・緊急搬送車両も帰着しました

 7月14日(土)午前4時30分に追加物資を搬送するために湯河原町役場を出発した、第2陣の緊急物資援助・緊急搬送ですが、同日午後3時40分に三原市に到着し物資の引き渡しが完了し、本日(7月15日)午後4時10分帰庁しました。

第1陣の緊急物資援助・緊急搬送車両が帰着しました

 7月12日(木)午後5時40分に、湯河原町役場から広島県三原市の災害対策本部に向けて出発し、7月13日(金)午前9時に三原市に物資の引き渡しをいたしました、緊急物資援助・緊急搬送の第一陣が、本日午後4時10分に無事帰着しました。
 

緊急支援物資の追加搬送

第2陣到着
緊急支援物資の追加搬送が現地に到着しました

 本日早朝に湯河原町を出発した、緊急支援物資の追加搬送ですが、無事、三原市に到着し午後3時40分に物資の引き渡しが完了しました。


支援物資追加搬送職員
三原市への緊急支援物資(追加搬送)

 三原市に対し平成30年7月12日(木)に物資を緊急援助・緊急搬送し、翌日の13日(金)に引き渡しをしましたが、本日14日(土)午前4時30分、追加物資を搬送するため職員4名が搬送車2台で湯河原町役場を出発しました。


搬送職員

 

搬送車

 


 なお、7月16日(月)から当面の間、罹災証明等の事務処理支援のため、職員4名をローテーションで派遣いたします。
 追加の緊急援助・緊急搬送した物資は以下のとおりです。

追加支援物資.pdf
PDF形式 :46KB


平成30年7月13日リリース

物資受け渡し

緊急物資援助・緊急搬送車両が到着しました

 昨日7月12日(木)に出発した、緊急援助・緊急搬送車ですが、本日7月13日(金)早朝、無事現地に到着し、午前9時に三原市職員に物資の引き渡しをいたしました。


物資搬送

  


支援物資集積場
支援物資集積状況

 支援物資の集積場である「南小学校武道館」内の様子です。
 各所から支援物資が届いています。

沼田川
被災地の現状

 搬送途上の沼田川、現在の水位は写真のとおり低いですが、災害時は水かさがフェンスを越えたことがうかがえ、氾濫の恐ろしさを感じます。


平成30年7月12日リリース

搬送車両

 平成30年7月豪雨に伴う緊急物資援助・緊急搬送車両が出発しました

 湯河原町では、広島県三原市の要請により、物資を緊急援助・緊急搬送することが決定し、本日7月12日(木)午後5時40分に、湯河原町役場から広島県三原市の災害対策本部に向けて職員4名が搬送車2台で出発しました。 


支援物資搬送職員

 


今回、緊急援助・緊急搬送した物資は以下のとおりです。

支援物資内訳.pdf
PDF形式 :51.5KB


 また、明後日の14日(土)に追加物資の搬送を予定しております。

平成30年7月9日リリース 

 平成30年7月5日から8日にかけて西日本で発生した、平成30年7月豪雨の影響で、湯河原町と親善都市の提携をしております広島県三原市では、報道等でもご案内の通り土砂災害や河川の氾濫により甚大な被害が生じ、死者、負傷者もおり、避難者も多く出ている状況です。

湯河原町では、三原市と災害時相互応援協定を締結しているため、7日早朝に現地災害対策本部に連絡し、協定に基づいた緊急援助活動(物資搬送や職員派遣等の人的支援)を実施する旨を伝えたところ、三原市からは「支援が必要な場合は連絡します。」との回答でした。
そこで、支援の準備を進め、要請があり次第、緊急援助活動を実施いたします。

また、このたび被災された皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。

この情報に関するお問い合わせ先

地域政策課(防災係)

電話番号:0465-63-2111  FAX番号:0465-62-1991

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町地域政策課(防災係)へのお問い合わせフォーム

地域政策課(防災係)のページはこちら

ふるさと納税

ふるさと納税

交通アクセス

湯河原町への交通アクセス


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.