サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2011年02月03日


止血方法

大出血時の止血方法

体内の血液の20%が急速に失われると出血性ショックになり、30%を失えば生命に危険を及ぼすといわれています。
したがって、出血量が多いほど止血手当てを迅速に行う必要があります。
大出血の止血方法としては、出血部位を直接圧迫する直接圧迫止血法が基本となりますが、この方法では止血できない大量の動脈性出血の場合には、手足に限って最終的な手段として止血帯法があります。

1 直接圧迫止血法
出血部位を圧迫し、包帯をする方法で、きれいなガーゼやハンカチなどを傷口に当て、手で圧迫します。
また、大きな血管からの出血の場合で、片手で圧迫しても出血が止まらない場合は、両手で体重を乗せながら圧迫止血します。

直接圧迫止血


ポイント
● 止血の手当てをする時は、感染防止のため血液に直接触れないように注意します。
● ビニール、ゴム手袋等を利用しますが、それがなければ、ビニールの買い物袋などを利用するのも良いでしょう。
● 圧迫方法として、押している手が血管を骨との間で挟んでいるようなイメージで行うと良いでしょう。

2 止血帯法
止血帯で止血できる部位は手足の太い血管が損傷した時の出血で、直接圧迫止血法では止血がこんなな場合に限って行います。
止血帯法

ポイント
● 止血帯は、出来るだけ幅の広いものを用います。(3cm以上)
● 棒などで固定した時は、止血した時間を記録し、
 もし30分以上続ける場合には、30分に1回止血帯を緩め、血流を再開させ、出血が続いていれば再び緊縛します。

ショック状態への対応

1 ショックの見方
★顔色を見る。 ★呼吸を見る。 ★脈拍を調べる。

ポイント ショックの症状は、
● 目がうつろとなる。 ● 呼吸は速く浅くなる。 ● 脈拍は弱く速くなる。
● 冷汗が出る。 ● 体は小刻みに震える。 ● 表情がぼんやりしている(無欲状態)。
● 唇は紫色か白っぽい(チアノーゼ)。 ● 皮膚は青白く冷たい。

2 ショックに対する応急手当
傷病者を水平に寝かせ、両足を15cm~30cmぐらい高く上げて血流を頭や心臓に集まるようにし、ネクタイやベルト、締め付けている衣類を緩め、毛布や衣服をかけて保温をしながら声をかけて元気づける。

ポイント
● 頭に怪我のある場合や足が骨折していて固定していない時は、ショック体位にしないこと。

ショック体位

ショック体位


この情報に関するお問い合わせ先

消防:警防課

電話番号:0465-60-0177  FAX番号:0465-63-7666

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町消防:警防課へのお問い合わせフォーム

消防:警防課のページはこちら

ふるさと納税

ふるさと納税

交通アクセス

湯河原町への交通アクセス


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT © TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.