サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2017年03月28日


ウメ輪紋ウィルスとは

 ウメやモモなどに感染する植物ウィルス(プラムポックスウィルス:PPV)です。国内では、平成21年に東京都青梅市のウメで初めて確認されました。また、平成28年度には、横浜市の一部地域で感染したウメ等の植物が確認されました。

 このウィルスに感染し、果実が成熟前に落下するなどの被害が発生している国もあり、農林水産省では、国内でのまん延を防止するため、感染植物の発見と廃棄等を進めています。

 

※このウィルスは植物に感染するもので、ヒトや動物に感染することはありません。また、感染している樹の果実を食べても、問題ありません。

 

詳しくは、防除について(農林水産省ホームページ)をご覧ください。

情報提供のお願い

 神奈川県では、農林水産省と連携して、感染植物の早期発見と防除に向けた対応を進めています。

 ウメ等の植物で感染が疑われる症状がある場合には、

 神奈川県農業技術センター病害虫防除部 0463-58-0333(内線391)へご連絡ください。

 

○感染する植物  ウメ、モモ、スモモ、アンズ、ネクタリン 等

○ウメ輪紋ウィルスの症状

 ・ウメでは、葉にドーナツ状の輪(輪紋)が生じます。

 ・モモなどでは、葉脈に沿って緑色の薄い部分(退緑斑紋)が生じます。

 ・症状は、新緑の時期(春に出た葉が開いて緑色が濃くなる頃)が一番明瞭です。

 ・詳しくは、病徴写真(農林水産省ホームページ)をご覧ください。

この情報に関するお問い合わせ先

農林水産課

電話番号:0465-63-2111  FAX番号:0465-64-0300

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町農林水産課へのお問い合わせフォーム

農林水産課のページはこちら


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT © TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.