サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2015年02月19日


町長写真
[先頭]  <<    3   4   [5]   6   7   >>   [最後]
2017年09月15日(金)

第224号(9月15日配信)

本日9月15日は、以前は「老人の日」という祝日でしたが、今は9月の第3月曜日で、名称も「敬老の日」となりました。老人を敬い長寿を祝うことには、なんら変わりはないのですが。

さて、高齢化社会という言葉をよく耳にするようになったのは、何年ほど前になるのでしょうか。あらためて定義を確認すると、「高齢化社会」とは高齢者人口(65歳以上の人口)が7%以上の社会のことを言い、高齢者人口が14%以上になると「高齢社会」、21%以上となると「超高齢社会」となります。ちなみに、湯河原町の現在の高齢化率は9月1日現在で、38.75%であります。町の人口25,536人に対して、65歳以上の方が9,895人(男性41.4%、女性58.6%)という速報値になります。

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、毎年この9月上旬から中旬にかけて、長寿者の方々に、町からのお祝い金が届けられます。町民の皆さんが一緒に、長寿のお祝いをと始められた政策で、とても良い事だと思います。

それぞれの地域の民生委員の皆さんに、米寿(88歳)、喜寿(77歳)の対象者へ直接お届けしていただいております。その一部の方に、私が直接お届けするケースもありまして、何人かの方々にお会いしてまいりました。

恒例の事となりますが、いつも感じることは、皆さんお元気でいらっしゃることです。そして、長い人生を歩まれてこられ、お一人お一人の生活環境に違いはありますが、昔の方は大変厳しい社会を、国のため、家族のために生き抜かれてきたご経験から品も良く、町民の皆さんの代表として、お祝いを届ける私達に対してのお気遣いには恐縮するばかりです。わずかな時間の中での会話も、ご経験からの生きたお話ですので、楽しく聞かせていただけます。

日本全体が超高齢社会に対して、社会保障制度の課題などで、今後さらに様々な対応を迫られますが、日本を、家族を支え守る為にご苦労された方々、その時代を生き抜かれた先輩達に、あらためて感謝と尊敬の念を抱きながらも、日本全体の人口構成の逆ピラミッド型がさらに進む時代を、国をはじめ行政機関としての行政運営は、とても大切かつ困難極まりないと、あらためて考えさせられました。

 

9月11日執筆

2017/09/15 19:15 | メールマガジン

2017年09月04日(月)

第223号(9月1日配信)

今年の夏は、2度の梅雨明けがあったような妙な天候で、各方面で困った事が生じているようですね。例えば、野菜の収穫に影響が出て、その結果野菜の値段が高くなったりと。この後の天候が気になりますが、今年の夏の日照不足は、後々語られることでしょうね。

突然、私事で申し訳ない思いですが、この夏に哀しい出来事がありました。それは、政治家としてとても尊敬していた方が、突然お亡くなりになった事です。その方は、新潟5区選出の衆議院議員「長島忠美(ながしま ただよし)」さんです。旧山古志村の村長さんとお伝えすると、もっと分かりやすいでしょうか。

長島先生とのご縁についてお伝えすると、今から約10年前に遡ります。当時、湯河原温泉に国会議員になられた長島先生がお泊まりになる事がありました。その時に私も知人の方から誘われて、その宴席に参加する事が叶いました。宴席が始まりお酒も進むと、自然と会話も盛り上がります。その時に、私があるお話をさせていただくと、湯河原には恩義があるとおっしゃっていただき、そこからご縁をいただいて今に至っております。

どんな話かと申しますと、2004年(平成16年)10月23日、新潟県中越地震が発生して、その約2ヶ月後に当時の山古志村の仮設住宅へ、私と何人かの仲間で、義援金と湯河原みかんを届けに行った事を話させていただきました。

当時、地震発生後に湯河原の仲間と何かできないかと思い、仲間と相談して募金活動をして、そのお金で湯河原みかんを送ろうと考え、2ヶ月間程の募金活動の結果、約80万円の善意が集まりました。そして、みかんを譲ってほしいと同級生の農家に相談すると、とても多くの量になることに気が付かされ、結果として、みかんと現金を送りたいと窓口を探して、先方に連絡してみると、今度は、みかんは腐りやすいので送られても困ると言われました。ならば直接、我々が配ることを約束して現地に向かい、600世帯の仮設住宅にみんなで手分けをして配り事無きを得たと、こんな話なのです。

その日から4年程経った2009年(平成21年)1月に、湯河原町の防災講演会で長島先生自ら講師を勤めていただき、生きた経験談を話して下さいました。こんな事からその後も年に数回ですが、お会いさせていただく中で親交が深まり、私の心の中ではいずれは、復興大臣としてこの方に勝る人は居ないと確信していました。

自民党の中において、そろそろベテランの域に達した現在、そんな矢先の訃報には言葉もありませんが、どんなに偉くなってもお会いした当時と全く変わらないその人柄が、とても素敵で尊敬しておりました。こんな思いを忘れない事こそが、ご供養かと思っております。今年の夏は、忘れられない夏になりそうです。

8月28日執筆

2017/09/04 09:35 | メールマガジン

2017年08月16日(水)

第222号(8月15日配信)

今年の「やっさまつり」は、前回の湯ったりトークで心配していたことが、現実になってしまい、雨の中のパレードになってしまいましたが、それでも多くの方のご参加と盛り上がりで、無事に終わることが出来ました事に、まずは感謝です。ありがとうございました。

しかし、花火大会については、海上での安全の確保が出来なかったので、延期を決めさせていただきました。町民の皆さんをはじめ、企業や町外の方からのご寄付で、8月の花火大会は開催させていただいておりますことから、警察や関係者との打ち合わせを経て、いずれ開催日を決めさせていただき、開催日程のご案内をさせていただきますので、しばしお待ち下さい。

本来であれば夏本番のこの時期が、梅雨のような天候不順で気がかりですが、国の政治もここに来て、空模様と同じように、報道されている内容からみると、「風雲急を告げる」。こんなことになるのか、色々な事を考えさせられますね。

第二次安倍政権のスタート後、今年に入っても日本の政治は安定していましたが、ここに来てその安定感に変化が生じているように感じます。皆さんも同じように感じておられるかと思いますが、米国大統領の発言や、北朝鮮の度重なるミサイル発射の暴走に象徴される、自国第一主義を強く打ち出す各国のリーダーが目立つ世界情勢下では、日本国内の政治の安定が、今一番求められる事かと思います。色々な事で国民からの信頼感が薄れていますが、信頼回復に努め政治の安定を望むところです。

この湯ったりトークの配信の日が、日本では72年目の終戦の日です。世界平和を心から願います。

 

8月10日執筆

2017/08/16 09:30 | メールマガジン

2017年08月02日(水)

第221号(8月1日配信)

関東地方の梅雨明けが発表されたにもかかわらず、スッキリしない天気が続いて、戻り梅雨かと思うところですが、いよいよ一週間後に迫った「やっさまつり」当日の天候が気になります。やはり夏らしい天気のもと、暑いでしょうが、町民の皆さんに大いに盛り上がっていただき、楽しいお祭りにして欲しいと願います。

すでに町内各地で各種団体関係者が、祭りの準備で忙しくされていることかと思います。夜には町のあちらこちらで、太鼓や笛の音が聞こえます。老若男女が祭りに向けて心踊る気持ちを抑えながら、その時を待ち焦がれているのでしょう。

私ごとで失礼かと思いますが、私も過去には、消防団や神輿会などで祭りに参加させていただきましたが、現在の役目は、招待客の接待やメインステージでパレードを観覧することが、主な役目になっております。「ブラスバンド、踊り連、花車、神輿連」などを見て、参加されている皆さん、沿道の皆さんの笑顔を見させていただくことが、最高の喜びになりました。

しかしその一方、心の中では雨が降ってこないようにとか、事故などが起きないようにとか、心配は尽きないのですが、皆さんの盛り上がりに、祭りならではの雰囲気を楽しみたいと思っております。

この湯ったりトークが配信された翌日が、祭り本番ですので、皆さん多いに楽しんでください。

ここで全く話が変わりますが、今日、皆さんのお手元に届いた町の広報紙の表紙と12ページに、湯河原中学校陸上部の君島茉那哉さんと松森玲奈さんが走り幅跳び競技で、君島さんは全国大会と関東大会へ、松森さんは関東大会へ出場することとなった記事が載っております。ぜひともご一読いただき、町をあげての応援に皆さんのご協力を、私からもお願い申し上げます。

健闘を祈り、祭りで盛り上がって、夏の良い思い出を作りましょう!


7月27日執筆

2017/08/02 12:53 | メールマガジン

2017年07月15日(土)

第220号(7月15日配信)

今年もまた豪雨災害が発生してしまいました。九州北部豪雨の被害の全容はまだ見えておりませんが、現状においても多くの被害者、お亡くなりになった方、そのご家族がいらっしゃいます。この場をお借りして、皆様にお見舞いとお悔やみを申し上げます。そして、いまだに行方不明の方もいるとの報道を見て、一日も早く発見に至ることをお祈りいたします。

 

3年前の広島市土砂災害、一昨年の鬼怒川の堤防決壊も今回と同様に、一局に集中して、かつ長い時間の大量の雨が大きな災害を引き起こしました。毎年違う場所で発生する状況に、不安を抱く訳でありますが、大きな自然災害には打つ手がない現状にも、さらに不安が大きくなります。この九州北部豪雨に対しては、町として「募金の受付を7月11日から役場社会福祉課と駅前観光案内所」で開設しましたので、お伝えさせていただきます。

 

さて、何事に対しても「安全、安心」という言葉が使われますが、何気なく使っている二つの言葉を広辞苑で引いてみると、「安全は、安らかで危険のないこと。」「安心は、心配、不安がなくて、心が安らぐこと。」と書かれています。

 

ここで、湯河原町が来春から運用する「マタニティ・サポート119」を紹介させていただきます。この事業を簡単にお伝えしますと、妊婦さん専用の救急車を配備して、妊婦さんの出産時に産婦人科まで、消防隊員がその専用車両で搬送するサービスを行政が提供することとなります。この事業を確立させる私の動機は、「地元に産科がなく地元で出産が出来ない、どうにかならないか。」との町民からの声に対し、この事業で少しでも不安が取り除ければと考え、事業化に至りました。これで安心とは言いきれないとは思っておりますが、活用していただければ幸いです。加えてお伝えさせていただきますと、この事業で消防隊員の増員はありません。消防職員には現状の体制で事業化を進めて欲しいと相談の上、合意してくれたことも皆さんにお伝えいたします。少子化の中で、このサポート事業が少しでも安心につながることを期待しています。

 

梅雨が明けると本格的な暑さが毎日続くことになります。十分な熱中症対策をしていただき、ご自愛ください。

 

7月12日執筆

2017/07/15 14:27 | メールマガジン

[先頭]  <<    3   4   [5]   6   7   >>   [最後]

この情報に関するお問い合わせ先

秘書広報室

電話番号:0465-63-2111  FAX番号:0465-63-7333

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町秘書広報室へのお問い合わせフォーム

秘書広報室のページはこちら

よく閲覧されるページ

ふるさと納税

ふるさと納税

交通アクセス

湯河原町への交通アクセス


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.