サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2015年02月19日


町長写真
2017年04月17日(月)

第214号(4月15日配信)

町のあちらこちらで、満開の桜の存在感の中に、菜の花や他のいろいろな花々が目を楽しませてくれています。本格的な春の喜びを感じられる中、過日4月9日(日)、門川区内において「津波避難タワー兼湯河原町消防団第五分団詰所竣工式」が行われました。

皆さんご存知のように、湯河原町には、常勤の消防職員と非常勤の消防団員で構成される二つの組織があり、「安全、安心のまちづくり」に勤めていただいております。消防団についてもう少しお伝えしますと、消防団は、団長をトップに副団長3名、そして、その配下に九つの分団組織が町内9か所の分団詰所を拠点として活動しています。総勢198人の団員には、防災・防火活動に加え、火災が発生した際の初期消火活動、大雨・台風の接近などで自然災害の発生が迫った時などには、事前に対応するなど、町民の生命、財産を守るために尽力していただいております。

その歴史は69年以上であり、常勤の消防署が確立される前から、今で言う地域防災を担っています。もちろん、本来の自分自身の仕事を持っておりますので、ボランティア意識と自分たちの町は自分たちで守るという郷土愛が、彼らを動かしていると言えます。

その内の一つである門川第五分団の詰所は、今から46年以上前の昭和45年に開所した詰所で、これまでも建て替えの必要性が地域住民をはじめ、多くの方から寄せられていました。そうした最中に起きた3.11の大地震による津波の被害は、全国の沿岸近くで生活する人々に恐怖と、そして多くの教訓を与えました。その教訓を生かし津波避難場所の確保と、詰所の老朽化を解決するために、この度の事業を決定して、竣工を迎えることになった次第です。

万が一、津波の襲来で浸水する恐れが発生した際には、外階段から詰所の屋上に登ることができます。ちなみに、屋上の高さは14.4メートルで、国と県が示した浸水予測をクリアできる高さを確保しました。門川区内の方々だけでなく多くの町民の皆さんに、防災意識の観点から、是非ともこの詰所の存在を知っていただきたいと思いますので、近くを通った際にはご確認ください。

4月10日執筆

2017/04/17 12:47 | メールマガジン

2017年04月03日(月)

第213号(4月1日配信)

長い間、湯ったりトークを配信させていただく中で、おそらく海外での執筆は、初めてになるかと思います。実は、「湯河原町外国人向け情報発信促進事業」が、国の地方創生推進事業に認められたため、国の交付金を活用して、湯河原町、議会、経済三団体などから私も含めた総勢9名が、「米国ハワイ州ホノルル」へ湯河原温泉のトップセールスに3月12日から来ております。

「なぜ、ハワイなの。」と、こんな声も聞こえてきそうですので、簡単に説明すると、インバウンド対策は、日本国内全ての観光地において、積極的に取り組まれています。

昨年、訪日された外国人旅行者は、約2000万人を超えたと言われています。2020年までに、その数が4000万人を超えるのは間違いないと思います。では、その先はというと、東京五輪後の日本国内経済がどうなるかは、肯定的、否定的と色々な予測がされていますが、インバウンドについて、日本の観光庁は、2030年には訪日観光客の数が年間6000万人となることを目標に掲げています。観光庁の考え通りになるかは別として、既に多くの国から多種の民族が日本に来ていて、これからもその流れは変わらないと思います。そこで、湯河原町として「日系の外国人」をターゲットにできないかと、今回の事業を国に提案して認められ、日系人の多いここハワイでのトップセールスを、オール湯河原でチャレンジしてみました。

こちらの色々な方々とお会いする中で、ハワイ日本文化センターでお会いしたメンバーの皆さんには、我々の話を大切に聞いていただいた上、明治時代に日本から移民をされた日本人の当時とその後の歴史について、丁寧に説明していただきました。詳しく伝えるのは難しいのですが、私が一番印象に残ったのは、明治天皇とハワイ国王カラカウア王との約束のもと、移民政策が積極的にすすめられたことで、当時、ハワイに渡った日本人は、帰りたいと思っても帰ることが許される状況に無かったそうです。まさに主権は天皇にあったのだと再認識しました。その後、移民した日本人は労働環境の改善を求めるために、ストライキを実行したそうです。それから約60年後の「真珠湾攻撃」後には、米国に渡った日本人と日系市民が強制的に収容され、ハワイでは「ホノウリウリ」という場所に収容所があって、その場所に収容され、厳しい生活を強いられることとなっていきました。

このお話を聞かせていただき、我々もあらためて歴史を認識した上で、日本をまだ見たことの無い「日系三世、四世、五世」の方々が、憧れの日本を訪れる際には、湯河原温泉に立ち寄っていただけるよう期待しております。

3月15日(ハワイ時間)執筆

2017/04/03 19:00 | メールマガジン


この情報に関するお問い合わせ先

秘書広報室

電話番号:0465-63-2111  FAX番号:0465-63-7333

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町秘書広報室へのお問い合わせフォーム

秘書広報室のページはこちら

よく閲覧されるページ

ふるさと納税

ふるさと納税

交通アクセス

湯河原町への交通アクセス


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.