サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2015年02月19日


町長写真
2018年07月17日(火)

第244号(7月15日配信)

気象庁が「平成30年7月豪雨」と命名するほどの被害が広がった、この度の西日本豪雨で被災を受けた方々と、広範囲に及ぶ被災地域に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。そして、この災害で犠牲となった多くの方のご冥福をお祈りします。

 

さて、今回の豪雨被害が極めて広範囲だったことは、既にご存知かと思いますが、湯河原町と昭和51年から42年に渡り、やっさまつりを通じて交流のあります、広島県三原市も甚大な被害が出ております。7月11日現在で確認した状況は、「死者8名、床上床下浸水合わせて181棟、避難所に身を寄せている方183名」と、極めて深刻な状況であります。

 

町としては7日土曜日に、三原市へ対して応援の必要があればと、連絡を取るよう指示しました。その際の回答は、混乱していて、どのようなことを要請することになるかは、まだはっきりしていないので、要請内容が決まったら連絡をくださるとのことでした。その後の報道の映像から、現場の惨状を見て、私と同様に皆さんも心を痛めていることとお察しします。

 

じっとしていられない思いから、ボランティアへの参加、義援金を寄付しようかと、お考えの方も多いことと思いますが、本格的な救援方法は広範囲なので、誰が何処にと行政としても、まだはっきりしたことをお伝えすることができません。しかし、三原市に対しては、湯河原町独自の対応が必要かと考えております。

 

そこで、町として義援金を募ることも役目ですが、広範囲なので、町民の方々に必ずしも三原市に限ってとはならないことから、「三原市に対して、『見舞金』として町内各方面に声掛けをしたほうが良いのでは。」こんな考えを持っております。まだ具現化には至っておりませんが、義援金を募る方法は、日本赤十字、報道機関などがその窓口を担うでしょうから、義援金については、そちらの選択もありますので、慎重に考えていただければと思います。

 

時間の経過と共に、被害の全貌が見えてくることとなりますが、いずれにしても、とてつもない甚大な被害を受けた被災者、被災地に対して、どこまで支援ができるのかを、皆さんと考えていきたいと思います。

 

不謹慎で叱られるかもしれませんが、我々の想像を超えて度々発生する異常気象の、近年の多発化を目の当たりにして、ジブリ作品の「もののけ姫」を観て考えさせられたことが現実になってしまうのかと、ぞっとしております。

 

7月11日執筆

 

2018/07/17 09:38 | メールマガジン

2018年07月02日(月)

第243号(7月1日配信)

梅雨本番に入った6月17日(日)に、「平成30年度 湯河原町消防操法大会」が開催されました。この大会が終わった直後に、この湯ったりトークを書いています。

 

消防操法とは聞き慣れない方も多いかと思いますので、短くお伝えしますと、消防活動の中で火災が発生したら、すぐに消火活動のため、出動することはご存知のとおりです。その出動する消防組織は、常備消防と非常備消防に分かれます。非常備は、いわゆる消防団組織で、その団員の皆さんは自分自身の本来の仕事をしながら、消防団活動に従事している地元湯河原の人たちとなります。

 

その初期消火活動の水準を保つには、日頃の訓練が基礎となります。しかし、操法ではそれにも増して、限られた時間の中で、定められた動きを確実に、かつスピード感を持って、指揮者を含む5人の選手が、それぞれの持ち場を連携して行動し、最終的には消火用ホースの先端から出た水で、定められた標的を射った瞬間までのタイムと、その間の資機材の取り扱いの正確性などを総合的に審査した結果で、優劣が決まるのが操法となります。

 

町内には9個の分団があり、大会に向けて仕事が終わった後の時間、それは夜になってしまう訳ですが、数十日にわたり毎夜毎晩、訓練を重ねてきました。

 

全ての分団が練習の成果を出し切れたのか、思うようにいかなかったのかは、一回きりのチャレンジですので、さまざまな事も起きる中での結果となります。悔しくて仕方のない思いの選手もいることでしょう。しかし、観戦者、応援した人も多い中で、その優劣の結果に対しては、私も含めて、誰しもが評価することができないことかと思います。

 

その状況に唯一触れられるのは、苦楽を共にしている分団の仲間たちだけに限られることであって、それは誰しも入ることのできない、消防団の素晴らしい仲間たちだけの中で許されることとなるのでしょう。その結果として、分団の仲間たちの絆がさらに強くなることは、私の遠い昔の経験から想像できます。そして、その状況がひいては、町の安全・安心が高まっていくことにもなります。

 

消防団に対しての敬意と、そのご家族全てに対する感謝を、この場をとおしてお伝えします。

 

最優秀に輝いた鍛冶屋第6分団は、7月25日(水)に行われる神奈川県消防操法大会に出場します。県で最優秀となり全国大会に出場する為に、さらに励んでいただくことを期待しております。

 

6月17日執筆

 

2018/07/02 09:28 | メールマガジン


この情報に関するお問い合わせ先

秘書広報室

電話番号:0465-63-2111  FAX番号:0465-63-7333

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町秘書広報室へのお問い合わせフォーム

秘書広報室のページはこちら

よく閲覧されるページ

ふるさと納税

ふるさと納税

交通アクセス

湯河原町への交通アクセス


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.