サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2015年02月19日


町長写真
2016年10月31日(月)

第203号(11月1日配信)

ようやく秋本来の天候が、続くようになってうれしい限りです。

そんな天候に恵まれた中、先日10月15日(土)に「湯河原町民大学開講60周年記念式典・記念講演」が開催され、400人以上の方々にご参加いただきました。

昭和32年4月の第1回開講から現在までの歴史が紹介されて、式典が始まり、現在、学長をお務めいただいている多田宏学長をはじめ、運営委員の皆さんに、町と教育委員会連名による感謝状の授与、そして、過去10年連続でほぼ休むことなく精勤受講された13名の受講生の方々へ、学長から表彰状が授与されました。

続いての記念講演では、2001年ノーベル化学賞を受賞された「野依良治先生」が、これまでご自身が子どもの頃から歩まれてきた歴史と、その時々のエピソードなどを、笑いを交えながら講演をしてくださいました。ちなみに先生の年齢は、現在78歳です。

講演の中で私の記憶に残ったのは、「文明は今後も間違いなく進化して、人間の能力を超える現象が起きる。そうなると、それは社会としても、個人としても、とても便利なことだけれど、人口頭脳や機械に人間が支配されるとなると、これはいかがなものか。」と、このような話をされていたことでした。本当にそんな状況になるのかと、首を傾げたくもなりましたが、多分そうなるんだろうとも思えました。

そんな未来を見据えて先生は、そこにどのように向かっていくかの気構えとして、人間の生活の中で、精神的な部分に影響を及ぼす文化や自然を大切にして、感謝する心が育まれるように、今以上に意識していくこと。そして、それを子どもたちにどのように教えていくのかが、時間は掛かるけれども、とても大切なことだとおっしゃっているのだと、私は自分なりに受け止めました。

折しも報道で知る限りですが、もしかしたら将棋のプロ棋士が、対局中にスマートフォンなどで、将棋ソフトを使ったのではないかといった不正疑惑が表面化していますが、それはそれとしても、やはり倫理観の欠如なのかと考えさせられます。野依先生の話の中から、次世代を担う子どもたちの倫理観をさらに培う必要性があると、私なりに考えてこの報道を重ねると、正にその通りかと思った次第です。

いずれにしても、こうしたことを考えられる機会をいただけた町民大学に感謝を込めて、さらなる発展を祈念いたします。

10月19日執筆

2016/10/31 21:20 | メールマガジン


この情報に関するお問い合わせ先

秘書広報室

電話番号:0465-63-2111  FAX番号:0465-63-7333

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町秘書広報室へのお問い合わせフォーム

秘書広報室のページはこちら

よく閲覧されるページ

ふるさと納税

ふるさと納税

交通アクセス

湯河原町への交通アクセス


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.