サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2015年02月19日


町長写真
2017年07月15日(土)

第220号(7月15日配信)

今年もまた豪雨災害が発生してしまいました。九州北部豪雨の被害の全容はまだ見えておりませんが、現状においても多くの被害者、お亡くなりになった方、そのご家族がいらっしゃいます。この場をお借りして、皆様にお見舞いとお悔やみを申し上げます。そして、いまだに行方不明の方もいるとの報道を見て、一日も早く発見に至ることをお祈りいたします。

 

3年前の広島市土砂災害、一昨年の鬼怒川の堤防決壊も今回と同様に、一局に集中して、かつ長い時間の大量の雨が大きな災害を引き起こしました。毎年違う場所で発生する状況に、不安を抱く訳でありますが、大きな自然災害には打つ手がない現状にも、さらに不安が大きくなります。この九州北部豪雨に対しては、町として「募金の受付を7月11日から役場社会福祉課と駅前観光案内所」で開設しましたので、お伝えさせていただきます。

 

さて、何事に対しても「安全、安心」という言葉が使われますが、何気なく使っている二つの言葉を広辞苑で引いてみると、「安全は、安らかで危険のないこと。」「安心は、心配、不安がなくて、心が安らぐこと。」と書かれています。

 

ここで、湯河原町が来春から運用する「マタニティ・サポート119」を紹介させていただきます。この事業を簡単にお伝えしますと、妊婦さん専用の救急車を配備して、妊婦さんの出産時に産婦人科まで、消防隊員がその専用車両で搬送するサービスを行政が提供することとなります。この事業を確立させる私の動機は、「地元に産科がなく地元で出産が出来ない、どうにかならないか。」との町民からの声に対し、この事業で少しでも不安が取り除ければと考え、事業化に至りました。これで安心とは言いきれないとは思っておりますが、活用していただければ幸いです。加えてお伝えさせていただきますと、この事業で消防隊員の増員はありません。消防職員には現状の体制で事業化を進めて欲しいと相談の上、合意してくれたことも皆さんにお伝えいたします。少子化の中で、このサポート事業が少しでも安心につながることを期待しています。

 

梅雨が明けると本格的な暑さが毎日続くことになります。十分な熱中症対策をしていただき、ご自愛ください。

 

7月12日執筆

2017/07/15 14:27 | メールマガジン


この情報に関するお問い合わせ先

秘書広報室

電話番号:0465-63-2111  FAX番号:0465-63-7333

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町秘書広報室へのお問い合わせフォーム

秘書広報室のページはこちら

よく閲覧されるページ

ふるさと納税

ふるさと納税

交通アクセス

湯河原町への交通アクセス


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.