サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2015年02月19日


町長写真
[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2018年04月02日(月)

第237号(4月1日配信)

湯河原梅林の梅の開花が、例年より遅れたことで、さくらの開花も例年より遅くなるかと思っていました。ところが、全国的にさくらの開花は早まり、湯河原の街の中でも既に満開のさくらが、あちらこちらで我々の目を楽しませてくれています。自然の流れを見抜くことは難しいですね。

 

駅のロータリー内のさくらも、とても綺麗に花が咲き内心ホッとしております。なぜかと言いますと、駅前広場の整備で悪影響が出ないかと、とても気になっておりました。

 

どんな花を見ても「綺麗だなぁ。」と思いますが、この冬は、2月からとても寒い日が続き、3月に入っても天候が落ち着かない分、さくらの花を見てやはり春はいいなと、そのありがたみを例年以上に感じております。

 

今後、晴れの日が続いてくれると、いろいろと計画をして、お出かけになる方も多いかと思います。そこで、近場にお出かけになる際には、ぜひとも立ち寄っていただきたいカフェがオープンしました。それは、町立湯河原美術館内に、この度完成した『MUSEUM CAFE「and garden」』であります。足湯も楽しめ、カフェのオープンデッキから眺める庭園も素敵ですので、ぜひともお出かけください。

 

運営方式は、官民連携による方法で、カフェの運営は「株式会社癒し場へ」と「十二庵」との民間企業の連携によります。

 

春休み中には子どもさんとご一緒にお出かけいただいたり、週末には夜の営業もしておりますので、ぜひとも陽気のいい時期に一度お出かけいただいて、落ち着きのある空間を楽しんでください。

 

3月28日執筆

 

<MUSEUM CAFE「and garden」のご案内>

営業時間 [日~木]10:00~16:30(ラストオーダー16:00)、[金~土]10:00~21:30(ラストオーダー21:00)

休業日 水曜日(祝日は開業)、美術館の休館日

※詳しくは、こちらをご覧ください。

http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/

2018/04/02 13:33 | メールマガジン

2018年03月15日(木)

第236号(3月15日配信)

今回の湯ったりトークは、ハワイ州ホノルルでの執筆となりました。

 

今年も、インバウンド政策の一環として、日系外国人をターゲットとして、昨年と同様にホノルルへ湯河原のトップセールスに来ております。土屋議長を含めた4名の議員さんと、役場職員3名の総勢8名であります。今回のプロモーションは、「見番寄席 イン ハワイ」と銘打っての取り組みです。

 

その内容は、湯河原温泉芸妓屋組合(見番)で寄席を行っているのを、皆さんご存知かと思いますが、この度は落語家・桂米福さん、寄席芸人・江戸家まねき猫さんの両名にハワイまで同行いただき、ハワイでの寄席の開催です。

 

現地では先行して、昨年よりご協力いただき、その後、更に親交が深まったハワイ日本文化センターの方々をはじめ、日系人経営者で構成されている、日本でいうところの商工会議所の執行部の皆さん、そして昨年、湯河原温泉にお越しいただきました皆さんに、会場設営、周知活動をお手伝いいただき、寄席に集まっていただいたお客様には、寄席の後、英語での湯河原温泉PRビデオ観ていただいて、湯河原温泉を知ってもらおうというプロモーションです。

 

現地での寄席は2日間の開催で、初日のお客様の集まりは期待外れでしたが、2日目はある程度の方々に来ていただけて、ホッとしたのが本音であります。

 

お手伝いいただいた現地の皆さんとは、また更に親交が深まったことは間違いありません。

 

また、ホノルルの国際コンベンションセンター特設会場では、湯河原温泉を紹介するブースを設営して、ホノルルフェスティバルにも参加しております。

 

話は少し変わって、昨年は叶いませんでしたが、今回、「デイビッド・イゲハワイ州知事主催の昼食会」に参加できました。約150名程度の昼食会でしたが、その会場で、州知事の奥様、州知事主席補佐官、在ホノルル日本国領事をはじめ、限られた時間の中ではありましたが、多くの方々とお話しや名刺交換ができたことも、とても良かったと感じております。

 

このような取り組みは、すぐにその結果が目に見えるケースは稀なことでありますが、いずれ良い結果だったと思える日が来ることを願います。

 

湯河原も、いまだに寒いと聞いておりますが、常夏の島も例年とは違った寒い日が多く、現地の皆さんも異常だとおっしゃっております。

 

3月10日(現地時間)執筆

2018/03/15 13:23 | メールマガジン

2018年03月01日(木)

第235号(3月1日配信)

感動をもらい、涙無しでは見られなかった、「平昌オリンピック」が終わりました。

 

13個のメダル獲得、メダリストだけでなく多くの選手の素晴らしい闘いに、感動と感謝です。

 

闘いの終わった選手それぞれの生い立ち、生活環境などを報道で知る中で、肉体的な逞しさ以上に、精神的な強さを知らされ、なかなか言葉では表すことのできない気持ちになりました。あえて例えれば、スポーツだけでなく、芸術的、文化的なことを極めた方々の生き様などを知って刺激をもらうことと、似たような感覚でありました。

 

以前、お亡くなりになった俳優の高倉健さんが、友人に宛てた手紙の一部を、テレビを見て知りました。その内容は『育ちのいい、悪いというのは、決してお金がある家に育つか、育たないかではなく、自分が与えてもらったことに対して、素直に感謝できるかどうかが決め手になる。音楽でも、深く感動する書物でも、胸が高鳴る理由は、同じである。人生を発見して、自分が深くなったような気がするからである。それは錯覚かもしれない。しかし、自分を深めるのは、学歴でも、地位でもない。どれだけ、人生に感動したかである。』

 

今回、この手紙を思い出しました。この最後の表現にある、「自分を深めるのは、学歴でも、地位でもない。どれだけ、人生に感動したかである。」

 

今回のオリンピックで、感動と刺激をいただき、今の思いをお伝えすることが難しいのですが、この手紙の中にある思いが私なりに重なって、この表現をお借りして、今の私の思いを伝えさせていただきました。

 

ようやく、厳しい寒さも弱まってきて、本格的な春の陽気を感じられることに心躍ります。

 

心躍る気持ちになるのも、この度のスポーツの力からの感動の余韻が、大きく影響していることは間違いありませんが。

 

2月27日執筆

 

2018/03/01 13:27 | メールマガジン

2018年02月15日(木)

第234号(2月15日配信)

厳しい寒さがいまだに続いていて、インフルエンザの流行で、学校、保育園、幼稚園での罹患者が多く、町内の成人の方々にも罹患者が多いようです。皆さんご自愛ください。

 

この寒さが原因なのか、過日、真鶴町で大きな火災が発生し、湯河原町としても火災予防の注意喚起を、更にしなければと思った矢先に、湯河原町においても火災が発生してしまい、お一人の方がお亡くなりになりました。そのご家族にお悔やみと、お見舞いを申し上げます。あわせて近隣の方々にもお見舞い申し上げます。

 

この2件の火災の出火原因は、石油ストーブによることのようでした。皆さん暖房器具の取り扱いには、細心の注意をお願いいたします。

 

話は変わって、いよいよ「平昌オリンピック」が始まりました。極寒の地での開催と報道から知った訳ですが、9日の開会式、そしてそれぞれの競技が始まり、予選、決勝を経て、メダリストが決まる。その流れの中で、見ている我々の側も徐々にヒートアップしていくことになるのでしょうが、日本人最初のメダリストは、どなたになるのか楽しみでなりません。韓国での開催なので、日本との時差が無いので、テレビを見るのにも好都合ですよね。

 

2月25日(日)までの17日間、日本選手の活躍はもとより、スポーツの素晴らしさ、そして選手たちのこれまでの努力や、秘話を知ることもあったりして、いろいろなドラマに涙するほどの感動をいただけることも、楽しみに応援していきたいと思っております。

 

おそらくオリンピックが終わる頃には、本当の春の訪れを、湯河原でも感じることが出来るようになっていることでしょう。感動をいただきながら春を待ちましょう。

 

2月10日執筆

 

 

2018/02/15 13:49 | メールマガジン

2018年02月01日(木)

第233号(2月1日配信)

年の始めの天気が穏やかだった分、ここ数日の寒さはかなりこたえますね。

 

全国的にも降雪の影響で交通網がマヒして、日本海側の地域では、豪雪で命への影響まである深刻な状況です。早く春が来てくれないかと思ってしまいますが、その前に4年に一度の「平昌冬季オリンピック」が2月9日(金)から開幕します。その1ヶ月後には、冬季パラリンピックも控えております。これまで国内では、2年後の東京オリンピック・パラリンピックの話題を多く耳にしてきましたが、ここからは冬季オリンピックに出場する選手たちの応援に注目していきたいと思います。

 

専門的な事は分かりませんが、男女それぞれの競技でメダル獲得の可能性が高い選手、期待の選手たちが多くいますよね。個人的には、女子スキージャンプの高梨沙羅選手にメダル獲得の期待をしながら、応援したい思いです。スピードスケート女子もかなりメダル獲得の可能性大ですよね!

 

昔から比べると、日本人アスリートが世界の舞台で対等に闘い、結果を出してきています。けしてオリンピックの舞台だけでなく、野球、サッカー、テニス、ゴルフ、まだ他にもたくさんあります。その多くのアスリートが海外で活躍している姿には感動をもらい、そして心の強さに感心させられます。

 

少し話がそれますが、スポーツに限らず、これから日本の若い人たちは、更に海外へ出ていかなければならない事になっていくのでないでしょうか。私の勝手な想像と前置きしますが、日本人の人口が減っていく事は、誰しもが知る事実です。その為に国を挙げて人口減少に歯止めを掛ける政策として、「まち・ひと・しごと、地方創生」に取り組んでいますが、その効果が出てくる前に、好むと好まざるとに関わらず、仕事を求めて海外へ出ていこうと考える、若い人たちが増えてくるのかと思います。

 

簡単に言えば、戦後の日本の社会では、生まれた地元で仕事に就く事が困難で、西日本の方々は大阪周辺へ、東日本の方々は東京周辺へと、仕事を求めて出てきて、そのまま都会で生活をしてきた歴史が、この先はそれが海外に変わっていくと考えると、極めて自然な事になるのではないでしょうか。

 

厳しい寒さの話から話の方向がかなり変わってしまいましたが、若い人たちが海外で活躍する人たちを、こんな見方で見るのも良いかと、今回は少し勝手な想像を書かせていただきました。けしてネガティブな話ではなく、自分以外の人たちを見て、何かを感じる事は前向きな話になるのかと思って。

 

1月27日執筆

 

2018/02/01 17:39 | メールマガジン

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

この情報に関するお問い合わせ先

秘書広報室

電話番号:0465-63-2111  FAX番号:0465-63-7333

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町秘書広報室へのお問い合わせフォーム

秘書広報室のページはこちら

よく閲覧されるページ

ふるさと納税

ふるさと納税

交通アクセス

湯河原町への交通アクセス


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.