サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2016年11月29日


収蔵品小企画展「ヒカリウム-陰陽の中で」

会期 平成28年11月17日(木)~平成29年2月27日(月) 

会場 企画展示室

 

 宇宙から降り注ぐ太陽の光や月の明かり、人工的な照明など私たちの生活は光に満ちています。それは生命の源として必要不可欠なだけでなく、目の前の景色を多様なものに変え、私たちの心情に大きな影響を与えてきました。

 19世紀、西洋では画材の飛躍的な進歩により、戸外での制作が可能となりました。バルビゾン派の画家たちが描いた日常の風景は自然の光に溢れ、印象派の画家たちは光の表現を探求し、新しい技法を生み出しました。

 日本では、初日の出や御来光など太陽を吉祥の象徴として、月は雪月花の言葉のとおり美意識を代表する一つとして捉えてきました。日本画の世界でも、両者は主要なモチーフとして多くの作品に登場します。富士山や松、あるいは四季の花鳥とともに描かれている作品を思い浮かべることができるのではないでしょうか。

 今回の展覧会では、作品を彩る「光の存在」をテーマに、収蔵作品の中から紹介します。

村山徑「朝の海」

村山徑「朝の海」

富田通雄「ラインの夕映え」

富田通雄「ラインの夕映え」


 
 
 

平成28年度 第10回現代作家展

平成28年3月31日(木)~6月27日(月)

 町立湯河原美術館では、将来有望な作家や地域の文化活動に貢献した作家に発表の場を提供することを目的に「現代作家展」を開催します。

 現代作家の個性あふれる展覧会をお楽しみください。

Vol.1  終了しました

麻賀進写真展ーそれぞれの木立・時の記憶ー
平成28年3月31日(木)~4月26日(火)

 麻賀進さんは、熱海市泉の住居と東京のスタジオを拠点に活動する写真家です。

 「風景の中で魅せる木立」をテーマに、刻々と姿を変える風景を幻想的に切り取っています。

 今回の展覧会では、湯河原・熱海・真鶴で撮影した約40点を展示します。

夕景・大観山木立(暮色の中で)

夕景・大観山木立(暮色の中で)

桜木立咲く

桜木立咲く

花芯の彩

花芯の彩

竹林の中で

竹林の中で


アーティストトーク

 日時 4月10日(日)、4月17日(日) 

     各日13:00~

 場所 町立湯河原美術館企画展示室

    (現代作家展会場)

 ※参加料は無料ですが、観覧料が必要です。

 ※お申し込みは美術館まで

作家略歴

 

麻賀 進(あさが すすむ)

1964 東京都生まれ

1981 フリーフォトグラファーとなる

 広告写真、カタログ、書籍などの撮影に従事

1982 全省庁・広告宣伝写真企画統一資格取得

 郵政省(現・郵便事業株式会社部内新聞、広報誌、

 記念切手の撮影

1985 アサガ写真事務所設立

2000 写真撮影法塾発足

2015 アートギャラリー久が原・リフレッシュ

   スタジオ設立

 

写真展多数開催

日本写真家協会会員・日本写真協会会員


Vol.2 終了しました

はっ・とび展Ⅴ
平成28年4月28日(木)~5月24日(火)

高田

高田峻典「春風」

安惠隆司「匂やか」

安惠隆司「匂やか」

木村惠子「三尊像」

木村惠子「三尊像」

小田切恵子「調べ1」

小田切恵子「調べ1」

林克彦「二匹のおうさま」

林克彦「二匹のおうさま」


オープニングイベント

伊藤髟耳ギャラリートークとミニコンサート  

 日時 5月3日(火) 13:00

 場所 町立湯河原美術館企画展示室 (現代作家展会場)

 ※参加料は無料ですが、観覧料が必要です。

ワークショップ① 「岩絵の具で絵付けする動物張り子」

 日時 5月15日(日)13:00~15:30

 参加費 1,500円

 講師 林克彦 氏

ワークショップ② 「ミニ掛け軸をつくろう」

 日時 5月22日(日)13:30~15:30

 参加費 500円

 講師 小田切恵子 氏

 

※ギャラリートーク、ワークショップのお申し込みは美術館まで

はっ・とびとは?

「はっ」という意気込みを表した掛け声で、今の自分から一段上に跳ぶというのが名前の由来です。跳ぶために失敗を恐れず、挑戦する気持ちを大切にしながら、勉強会、展覧会などの活動を行っています。

 

出品作家

伊藤髟耳 石村雅幸 小田切恵子

木村惠子 杉山 江 高田峻典

野崎和弘 林 克彦 安惠隆司


Vol.3  終了しました

新山拓日本画展
平成28年5月26日(木)~6月27日(月)

平松礼二に師事し、山をテーマに制作を続ける日本画家の近年作。自らも登山するという作家は、山を通して自然や宇宙の在りようを表現しています。神秘や美だけでなく、その厳しさ、畏怖など、見る者に様々な感情を抱かせる作品約10点を展示します。

アーティストトーク

 日時 6月4日(土)15:00~

 場所 町立湯河原美術館企画展示室(現代作家展会場)

 ※参加料は無料ですが、観覧料が必要です。

 ※お申し込みは美術館まで

作家略歴

新山 拓 (しんやま・たく)

1975 鳥取に生まれ東京・埼玉で育つ。

2001 多摩美術大学大学院研究科日本画修了

2005 第6回菅楯彦大賞展(大阪高島屋、鳥取・倉吉博物館)

    21世紀を担う画家たち展(福岡国際ホール)

2006 日本の美展(天満屋)

2007 多摩美術大学造形学科助手満期退職

2009 風濤会展(町立湯河原美術館ほか)

2010 アートアワードNEXT#1(東京美術倶楽部青年部)

2013 Art-School+Yokohama開校主催

ほか個展、グループ展多数開催

日本美術家連盟会員

 

QuantumscapeーEternalー

Quantum scape-Eternal-

Trinity-Quantum scape

Trinity-Quantum scape


この情報に関するお問い合わせ先

美術館

電話番号:0465-63-7788  FAX番号:0465-60-1777

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町美術館へのお問い合わせフォーム

美術館のページはこちら


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT © TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.