サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2019年01月15日


収蔵品小企画展「矢部友衛人物画展」

平成30年11月29日(木)~平成31年3月25日(月)

 矢部友衛は東京美術学校を卒業後、西洋の新しい美術を学ぶため渡仏、キュビズムの 研究に取り組みました。帰国後、留学の成果として二科展に出品、入選を果たします。
 すぐに前衛的グループを創設し、大正期信仰美術運動の旗手として活躍しましたが、次第にプロレタリア美術へと向かっていきます。湯河原には昭和19年~28年の間、疎開のために居住しており、近隣の住民の肖像画や湯河原近郊の風景などの数多くの作品を残しています。
 このたびの展覧会では、人物画11点と平成29年に新しく収蔵された7点の作品を紹介します。

矢部友衛(やべ ともえ)明治25(1892)年~昭和56(1981)年
 新潟県村上市に生まれる。1918年東京美術学校日本画科を卒業後アメリカ、フランスで西洋の前衛絵画を学び、帰国後に二科展で立体派(キュビスム)の絵画を紹介するなど、日本の前衛絵画運動の 先駆者として活躍した。27年ロシア美術展に参画して以来、写実主義的な絵画に移行し、プロレタリア美術に傾倒する。戦後は印象派風の明るい筆致で労働者を描いた「農民百態」シリーズを描いた。
頬被りの少女

「頬被りの少女」

農村細胞K君

「農村細胞K君」

窓辺の婦人

「窓辺の婦人」


この情報に関するお問い合わせ先

美術館

電話番号:0465-63-7788  FAX番号:0465-60-1777

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町美術館へのお問い合わせフォーム

美術館のページはこちら


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.