サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

保健・福祉・子育て

◆町民の皆様へ【新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)について】

 急激な感染拡大に対し、国から神奈川県を含む1都3県に対し、再び「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が出されました。
 期間は1月8日(金)から2月7日(日)までで、日中はもとより、特に20時以降の不要不急の外出自粛の徹底についての要請が出されています。
 皆様にはご不便をおかけしますが、医療崩壊を防ぎ社会全体の安全を守るため、これまでの自粛生活の教訓を生かし、危機感をもって一人一人の感染予防対策の徹底継続をお願いいたします。
 健康と安全を何よりも最優先に、この事態から社会を守っていきましょう。

  ◆新型コロナウイルス緊急事態宣言(内閣官房ホームページへリンク)


  ◆【参考】感染リスクが高まる「5つの場面」 ← クリックしてご参照ください
 

【感染防止の3つの基本】

人との距離をあけよう

                        人との距離をあけよう


★身体的距離
(ソーシャルディスタンス)
 
人との距離はできるだけ2m
以上、最低でも1mを確保し
ましょう。   
 

外出後の手洗いを習慣にしましょう

外出後の手洗いを習慣にしよう

 
★手洗いの徹底
 
家に帰ったら、30秒程度かけ水と
石鹸で丁寧に手を洗いましょう。
(手指用消毒液の使用も可) 
 

マスクを適切に使用しましょう

                     マスクを適切に使おう

 
★マスクの着用
 
外出や会話の際はマスクを着用し
ましょう。(会食中も会話の際は着用)
 


日常的な「新しい生活様式」の例

●通信販売やテイクアウト、デリバリーの利用、キャッシュレス電子決済の利用
●買い物でレジに並ぶ際は互いにスペースを確保、展示サンプルへの接触は控えめに
●食事の際は横並びで座る、公共交通機関では会話を控えめに
●できるだけテレワークや時差出勤を取り入れ、会議はオンラインで   など

 

新型コロナウイルス感染症の特徴など

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。
特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。


※相談窓口などについては、国および神奈川県のホームページをご確認ください。

   ◆新型コロナウイルス感染症が心配な時の相談はこちらへ(神奈川県サイト) 

本町学校職員の新型コロナウイルス感染症への感染について【令和3年1月7日】

令和3年1月7日(木)に、本町学校職員の新型コロナウイルス感染症への感染が確認されました。
小田原保健福祉事務所の指導を受けて、必要な感染防止対策を講じました。


◆本町学校職員の新型コロナウイルス感染症への感染について ← クリックしてご参照ください

本町職員の新型コロナウイルス感染症への感染について【令和2年12月30日更新】

令和2年12月28日(月)に、本町職員の新型コロナウイルス感染症への感染が確認されました。
直ちに小田原保健福祉事務所の立ち合い調査及び指導を受けて、必要な感染防止対策を講じました。


本町職員の新型コロナウイルス感染症への感染について ← クリックしてご参照ください。

冬の新型コロナウイルス感染症への警戒について(お願い)【11月20日】

  大都市圏を中心に新型コロナウイルス感染者が急激に増加しています。
  11月21日~23日の3連休を含め、あらためて感染症対策の徹底をお願いします。

冬の感染症予防対策にかかるメッセージ.pdf
PDF形式 :81KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


湯河原町新型コロナウイルス感染症対策基金の創設について

新型コロナウイルス感染症の対策に必要な資金に充てるため、「湯河原町新型コロナウイルス感染症対策基金」を創設しました。

湯河原町新型コロナウイルス感染症対策基金の創設について … クリックしてご参照ください

国や神奈川県の支援制度一覧のご案内

新型コロナウイルス感染症で影響を受けている事業所や個人向けに国や神奈川県の支援制度をまとめました。
詳しくは下記ページをご覧ください。
 

 ◆国からのお知らせ   ※ご覧になりたい項目をクリックしてください。

 ◆新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)

 ◆雇用調整援助成金について(厚生労働省)

 ◆型コロナウイルス関連支援策(経済産業省)

 
持続化給付金についてのお知らせ(経済産業省)
  相談ダイヤル 中小企業金融・給付金相談窓口 0570-783183(平日・休日9:00~17:00)
  

この情報に関するお問い合わせ先

保健センター

電話番号:0465-63-2111  FAX番号:0465-62-7001

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町保健センターへのお問い合わせフォーム

保健センターのページはこちら


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.