サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2015年02月19日


町長写真
[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2019年07月16日(火)

第268号(7月15日配信)

湯河原の素晴らしさは、「海、山、川の自然に加えて、空気の良さ、そしてなんと言っても、人の温かさだ。」と、つい先日、このように表現してくださったのは、町立湯河原美術館名誉館長の平松礼二先生であります。

 

7月5日(金)に町立湯河原美術館にて行われた、「平松礼二画伯・湯河原十景」候補作品寄贈式での先生のお話の中での事です。

 

約3年程前、平松先生からの申し出により、湯河原十景構想が提案され、この度、お披露目の運びとなりました。そして、これまで寄贈いただいた作品に加え、再びこの作品を湯河原に寄贈してくださり、報道関係を迎えて、その式典が行われました。十景と言っても、湯河原にまつわる20作品を完成させて、これから町民の皆さんをはじめ、多くの方々から投票をしていただき、最終的に十景を決めていくお考えで、短期間に精力的に制作され、いよいよのお披露目となりました。

 

本年、9月30日(月)までの間が、投票期間となっておりますので、皆さんふるってのご参加を、私からもお願いいたします。

 

ご存知のように、1960年代から世界中を廻られ、現在フランスをはじめ、世界にその名が知られる平松先生が、心を込めて、湯河原ゆかりの作品を完成させたこの事実は、この先50年、100年と湯河原の方々によって、どのように語られるか、興味深いところでありますが、見聞きすることは叶わぬ夢であります。しかし、私たちが今、「竹内栖鳳、山本有三」はじめ、多くの文人墨客がこの地に残してくれた歴史と重なることは、間違いないでしょう。

 

平松先生が、湯河原の人は温かいと言ってくださった事が、何よりも嬉しくてたまらない思いです。

 

是非とも皆さん、町立湯河原美術館に足を運んでみてください!

 

7月11日執筆

 

2019/07/16 13:23 | メールマガジン

2019年07月01日(月)

第267号(7月1日配信)

いよいよ、梅雨本番です。本州に今年初めての台風が近づき、大雨が降る予報に、注意を払う必要も出てきました。

 

災害がいつ何処で起きるか、地震、豪雨など様々な原因による、土砂崩れ、河川の氾濫、高潮、建物の倒壊、津波への懸念など、このように頭で考え、不安な気持ちは、多くの方々の思いかと。

 

しかし、実際の防災に対して行われる、訓練や講演会などに参加されたことはありますかと尋ねると、「時間の都合がつかなくて。」「参加したくてもなかなか、思いの通りにならないよ。」と、答えが返ってきます。

 

約6ヶ月前に、町民向けの防災に関するアンケート調査を実施しました。やはりその結果として、災害には不安があると思いつつも、防災マップ、防災パンフレットなどを実際に手にとって、内容を確認している方の数は、とても少なかったのが現状でありました。

 

このことについては、今後どのように町民の皆さんが、防災は自分自身のこととして考えていただけるのか、行政側が一方的に情報提供しても、受け取られる側の方々の意識の高まりが不可欠であると、お伝えしなければなりません。

 

本日(7月1日)、「湯河原町防災コミュニティセンター」が供用開始となります。平時においては、皆さんのコミュニティの場として、災害発生時を含む、非常時には防災の拠点として、その役目を果たす施設が、旧湯河原中学校跡地に開設されました。

 

是非、一度この施設の存在と、時間があれば、実際の施設を確認いただきたくお願いいたします。

 

これから暫くの間、大雨、台風に対する情報などには、いつも以上に気にかけてください。そして、災害発生時には、役場やご近所の方に声をかけることが極めて大切です。特に、お一人暮らしの方は、そのことを考えてみてください。

 

待っていても災害発生時に、何処に誰がお住まいかは、全て把握することは極めて困難なことを、ご理解いただき、積極的にご自身自らの行動が大切なことの心づもりをお願いします。

 

6月27日執筆

 

2019/07/01 15:46 | メールマガジン

2019年06月17日(月)

第266号(6月15日配信)

突然ですが!皆さんにお尋ねします。

 

湯河原の海岸を「湯河原海岸」「吉浜海岸」、どちらの呼び名に親しみを感じますか。

 

もちろん、どちらでもいい訳ですが。今回、あえて私は「吉浜海岸」と呼ばせていただきます。

 

さて、この吉浜海岸で幼い頃からサーフィンを楽しみ、今は日本を代表するプロサーファーに成長した、「村上 舜 (しゅん) 」さん(22歳)を、ご存知ですか。もちろん、現在も湯河原町民であります。

 

この村上選手が、2019年サーフィン強化合宿のメンバーとして参加、そして2019年5月6日(月・祝)、7日(火)に開催された、「第1回ジャパンオープンオブサーフィン」で見事、初代チャンピオンの栄光を掴み、この事は大きく報道などでも紹介されました。

 

サーフィンは、東京五輪2020に、追加、正式種目となったことから、村上選手がオリンピックに出場して欲しいと、おのずと期待は膨らみます。この先の楽しみはそれとして。

 

この素晴らしい結果を受け、ぜひともオール神奈川で彼を応援して欲しいという思いから、6月5日(水)に黒岩県知事への表敬訪問として、彼と一緒に知事に対して報告と、その理解をお願いしてまいりました。ここだけの話ですが、知事は吉浜海岸がサーフィンのメッカであるという、ご認識が無かったようです。今回の事で認識を持っていただけましたが、いずれにせよ、村上舜さんの活躍が、彼が育った吉浜海岸をサーファー以外の方々にも知っていただけることになって、私としても嬉しい限りです。

 

彼に話を聞くと、やはりサーファー仲間の間では、「吉浜海岸」以外の呼び名は無いに等しいようです。正式なオリンピック選手の決定は、来春に決まるようですが、その位置に極めて近い村上選手が選ばれることを祈り、皆さんにも応援していただくことを、私からも湯ったりトークを通して、お願いいたします。

 

更なる村上選手の活躍を祈ります!

 

6月10日執筆

 

2019/06/17 09:04 | メールマガジン

2019年06月01日(土)

第265号(6月1日配信)

「令和」に入っての日本中がお祝いムードから、日々に平常が戻ってきました。そして、新たな盛り上がりとなった米国大統領夫妻の訪日。新しい時代に入って、初の国賓を迎える日本の対応は、国内外からも注目を集め、周到に準備された「おもてなし」の数々が順調に進んでいる様子が、テレビからも伺えるそんな最中に、信じられないニュースが流れてきました。また通り魔事件が発生し、無差別に人の命が奪われ、その犠牲になってしまった中に、小学生も含まれています。

 

何故、こんな事が起きてしまうのか。

 

縁もゆかりも無い人によって、いきなり命を奪われた被害者、そして、そのご家族は、やり場の無い怒りと深い悲しみにずっと耐えていくことになる。言葉にするとこんな感じなのでしょうが、それは見ている私の勝手な表現であって、言葉では表すことが出来ない程の極めて厳しい現実に直面していることに、お見舞い申し上げ、ご冥福を祈ることしか出来ません。

 

4年前に湯河原においても放火殺人事件が発生し、未だ未解決の状況ですが、同じ人間がこのような事を起こす。人間とは何なんだろうと、漠然とした疑問を抱きます。

 

今回の湯ったりトークは、この事件が発生した日に書かせていただいておりますが、上手く纏める事も出来ない湯ったりトークとなってしまいました。お許しください。そして、皆さんと犠牲者に対して、ご冥福をお祈りし、お見舞いを申し上げ、今回の発信とさせていただきます。

 

5月28日執筆

 

2019/06/01 12:42 | メールマガジン

2019年05月15日(水)

第264号(5月15日配信)

令和元年になって、半月が過ぎようとしています。

 

新天皇が即位され、同じ時間が過ぎたこととなる訳ですが、平成天皇の生前退位ということで、昭和から平成へ時代が変わった時とは、全く違う雰囲気の中で時代が変わりました。正に、お祝いムード一色、おめでたいことです。そして10連休と、これまで経験したことのない長い休みも終わり、社会が平常に戻りつつあります。

 

前回の湯ったりトークで、選挙期間中の事に触れさせていただきました。その続きになりますが、選挙期間中を挟んで3週間程、JR湯河原駅、真鶴駅での挨拶運動をさせていただきました。その時にとても印象に残った事をお伝えさせてください。挨拶運動は、プラットホームへ向かう方々に、「おはようございます!」と声を掛け続ける訳ですが、もちろん、挨拶を返してくださる方は沢山いらっしゃいます。その中でも、ほとんどの学生さんが挨拶を返してくれる!この事がとても印象的でした!

 

元気に返してくれる学生さん、少し照れくさそうに返してくれる学生さん、それぞれですが、今の時代ですから耳にイヤホンを付けていても、おはようございますと言ってくれるケースもありました。その時、私は心が温かくなり、勇気を貰え、漠然とですが救われた気持ちになりました。

 

そこでふと、学生さんが、しっかりと挨拶が出来るのは、何故だろうと考えてみました。

 

私の結論は、湯河原町内の小学校や中学校で取り組んでいる、挨拶運動の効果ではないかと思ったところです。もし、この事が合っているとすると、学校現場での地道な活動は、町の将来を担う子供さん達が、とても大切な事を身に付けることを可能にしたことになります。家庭でのしつけや、他のいくつかの要因もあるでしょうが、このままで育っていって欲しいと、心の中で願う気持ちが、毎朝強くなっていく3週間でした。

 

正に、令和の時代を担っていくこの皆さんにとって、令和は更に良い時代になって欲しいと、強く願うばかりです。

 

5月13日執筆

 

2019/05/15 12:51 | メールマガジン

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

この情報に関するお問い合わせ先

秘書広報室

電話番号:0465-63-2111  FAX番号:0465-63-7333

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町秘書広報室へのお問い合わせフォーム

秘書広報室のページはこちら

よく閲覧されるページ

ふるさと納税

ふるさと納税

交通アクセス

湯河原町への交通アクセス


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.