サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2015年02月19日


町長写真
[先頭]  <<    3   4   [5]   6   7   >>   [最後]
2018年11月15日(木)

第252号(11月15日配信)

天候が安定して、秋らしさを感じられるようになりました。

 

皆さん突然ですが、「湯河原町町民憲章」をご存じですか。昭和61年に制定された町民の生活の道標で、五つの基本的考え方が示されています。その中の一つに「伝統を重んじ、香り高い文化の生まれるまちを創りましょう」という考え方があります。この憲章が定められる前から、このような考えの礎が、湯河原の歴史にあったことは間違いないところですね。なぜなら、その一例として「湯河原町民大学」が、それに当たると言えます。昭和32年にスタートして、現在ではポピュラーになった社会教育の取り組みを、61年前から町民にその機会を提供する、これこそが、その証かとも言えます。

 

このような町の風土が、秋に開催される町の文化祭の参加団体の多さにも繋がって、その一つに、湯河原文学賞「俳句の部」があります。今年で18回となる歴史になりますが、この催しは、湯河原出身の俳人「黛まどか」さんと、そのご家族と、湯河原俳句協会の方々の協力によって行われてきました。今回も、約3,500の投句があり、参加された方の年齢は、最年少者6歳から最高齢者102歳と、年齢層も幅広くびっくりしております。

 

先日11月10日(土)、この表彰式に主催者として参加してまいりました。表彰式に合わせて「黛まどかさんと歩く湯河原吟行会」も行われ、黛まどかさんの多くのファンの方に、今年も湯河原へお越しいただきました。俳句の事は上手くお伝えできませんが、毎年感じる事ですが、俳句とは、季語を入れた五・七・五音の短い詩であることは言うまでもないところですが、今回のテーマは「色」でした。色にまつわる俳句が集まって、最優秀賞が次の作品です。

 

「色糸の からむ針山 小鳥来る」

 

私は解説もできませんが、会場でいつも感じるのは、投句をされた方の話を聞いて、なんとなくホッとする時間の中に、身を置けることに感謝しております。日々、慌ただしく、かつ時間に追われている自分の生活に、ビタミン剤を貰えたような感じなのです。このように文化的な香りとは、必ずしも目に見える芸術だけでなく、心の中で何かを感じられる事も良いものだと、つくづく思いました。

 

11月13日執筆

 

2018/11/15 14:55 | メールマガジン

2018年11月01日(木)

第251号(11月1日配信)

「今年もあと2ヶ月、時の流れがこんなにも早い!」と、こんな言葉を聞いたり、口にしたりする頃が近づいてきました。いよいよ11月ですね。

 

時の流れの早さは、人間の成長を見て感じることも多々あります。先日、卓球選手「福原愛」さんの引退会見は、正にそれを感じたところです。

 

3歳から卓球を始め、29歳での引退。

 

その間、多くの国民に愛され、応援された誰もが知る、福原愛さんですが、これまで注目されたスポーツ選手は、他にも沢山いらっしゃいますが、これ程、選手として、一人の女性として、彼女の生い立ちを国民がつぶさに見てきたことは、唯一無二かと思います。引退会見後も、色んな番組で彼女の生い立ちが改めて紹介され、それを見ているだけで、心が穏やかになる自分が居ました。こんな気持ちになるのは、なんでだろうと思って、自分なりに考えてみたところです。

 

四半世紀に及ぶ時の中に、小さな頃の愛くるしい姿から始まり、一線級の選手へ成長して、オリンピックでも結果が伴う活躍は誰しも知るところですが、その時間の裏側には、想像もできない苦しいトレーニング、その都度、結果は必ずしも本人の納得いく時ばかりでもなかったでしょうが、その厳しい環境を、彼女の姿からは到底想像もできない、負けん気の強さで超えてきたのですよね。そして、会見の中で、周辺の方々への配慮を忘れず、とても素直に、心から話している姿はとても素晴らしく、更なる魅力だと感じました。

 

私も子を持つ親として、彼女のご両親はどのように人として、育ててこられたのかに興味は深まりました。知るすべはありませんが、彼女の言葉を聞いていて、何故、人並みを超えた選手生活を過ごしてきたにもかかわらず、素敵な女性として、人間として、これだけ素直に心を言葉で伝え、それが全く不自然でなく、嫌味な感じを、みじんも感じさせない人間性に、とても幸せな思いになれました。

 

福原愛さんの存在が、いまの日本社会に更に広まっていくことを期待しております。

 

10月30日執筆

 

2018/11/01 12:30 | メールマガジン

2018年10月16日(火)

第250号(10月15日配信)

また台風が上陸との報道を気にしながらも、大きな影響も無かった台風25号が去った、10月7日(日)に、「湯河原町民レクリエーションの集い」が、晴天のもと開催されました。当日は台風の余波か、時折、強い風が吹くコンディションでしたが、事故も無く無事に終了できましたことに、主催としては、ほっとしております。そして、多くの町民の方々が参加していただいたことに、感謝しております。

 

大会運営には、体育協会、スポーツ推進委員会をはじめ、スポーツ関係団体の方々、そして、各地区の区長さん、区会役員の方々と、その他にも多くの方が、運営と参加者集めにご尽力いただき、レクリエーションが実施できました。とても嬉しく思っております。今年の印象では、児童、生徒さん達の参加も多く、学校関係の方々のご協力にも感謝です。プログラムが進むにつれ、老若男女、世代を超えての方々の笑顔と、地域の方々が笑いながら話しをしている、その姿を見ているだけで、とても幸せな気分と穏やかな気持ちになりました。

 

このように日々、穏やかであって欲しいのですが、この数年、数ヶ月の中で、度々、自然災害が発生しております。その現状を目の当たりにして、被災された方々を思い心を痛め、そして、自分自身に置き換え、不安な種は尽きない、こんな風に思っている方も多いかと思います。災害に強い街づくりには、色々な取り組みは必要ですが、地域の方々との繋がりは、最も大切だと言われておりますし、私もそう思っております。今回のように、参加者同士がスポーツを楽しみながら、普段以上に地域の皆さんが、笑顔で一日を過ごして、地域の繋がりが強くなり、地域力が更に増していくことに、大きな期待が膨らみました。

 

皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

 

10月10日執筆

 

2018/10/16 18:43 | メールマガジン

2018年10月01日(月)

第249号(10月1日配信)

開園して、70年の歴史を重ねてきた「福浦幼稚園」の創立70周年記念式典が9月22日に開催され、出席してまいりました。かわいい在園児23人の皆さんをはじめ、園長先生、先生方、保護者の方々、地域の皆さん、そして、福浦幼稚園を卒園された第1期卒園者をはじめとする、今の年齢が70歳を超えられた方々も多く参加され、まさに地域に根付き、地域に支えられてきた歴史を感じる式典でした。

 

園長先生が挨拶の中で述べていましたが、神奈川県内にその当時(昭和23年)開園した幼稚園は、2か所存在していて、その内の一つが福浦幼稚園だそうです。もちろん、昭和30年の町村合併前になりますので、福浦村立の幼稚園で、当時の詳しい状況を知る術は有りませんが、その時代に幼稚園を作られたことは、極めて画期的な事と感じました。

 

当時、この幼稚園の必要性が、どのような背景から必要とされたのか、興味があるところでもありますが、その歴史を知っている方も無く、詳細を確認することは出来ませんでした。そして、70年の時の流れの中で、閉園が検討された時期もあり、色々な事を乗り越えての歴史と、あらためて認識したところです。

 

現在は、東台福浦小学校内の教室を園舎として運営を行っていることから、小学校の児童の皆さんと連携をした幼稚園教育を受ける機会も多く、小学校に入学した際にも、在校生とのコミュニケーションがもともと有ることから、学校に馴染みやすい利点もあるとのことです。

 

現在の子育て環境では、保育園へ入園される子供さんが多い中、公立、私立問わず幼稚園を選択される方々の為にも、地域の方々の応援をいただき、更に長い歴史の積み重ねの中で、子供たちが大きくなったとき、地域の人に対する感謝と、思いやりの気持ちを持てる大人になってくれることを期待しております。

 

酷暑が続いた夏から、秋のお彼岸を迎え、日に日に秋らしくなって、過ごしやすくなりました。

 

ところで、夏が酷暑続きでも、冷夏の年でも、「彼岸花」は必ずこの時期に姿を表す。このことには、いつも関心させられます。

 

季節の変わり目です。皆さんご自愛ください。

 

9月23日執筆

 

2018/10/01 13:05 | メールマガジン

2018年09月19日(水)

第248号(9月15日配信)

また大きな地震が発生し、多くの犠牲者と被災者が出てしまいました。

 

「北海道胆振東部地震」でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし、被災された方々へのお見舞いと、被災地の一日も早い復興を願い、そして、まずは普段の生活を取り戻せるようにお祈りします。

 

それにしても何故、天変地異がこんなにも頻繁に発生するのか。「天を恨まず人をとがめず」と、こんな諺がありますが、天を恨む思いがよぎってしまうのは、私の心弱さからでしょうか。こんなことを考えている矢先に、20歳の若さで、心の強さと、素直な心が備わっている方を、テレビを通して知りました。

 

今回の全米オープンテニスで、男女問わず史上初の日本人チャンピオンになった「大坂 なおみ」選手、その方です。皆さんも報道などで見られたように、優勝そのものも快挙ですが、その後の優勝セレモニーの場面での彼女の対応には、まさに「天晴れ(あっぱれ)!」。完全なるアウェイの中で、あれだけの偉業を達成した直後に、熾烈な戦いをした相手への敬意を忘れず、そして、その場を和ませてしまった彼女の一言一言には、表現が上手く出来ませんが、聴いているだけで、引き込まれてしまうほどの魅力を感じました。

 

その後のニュースなどで、試合の解説や背景などが紹介され、その内容を聞けば聞くほど、「本当に20歳の女性なの?」と、驚きが重なります。人間の本当の強さを教えてもらった気がします。日本人の持っている控えめな振る舞いを、彼女の本来の魅力と合わせて、世界中の人々が感じてくれたことを確信します。彼女の魅力の虜になった方も、さぞ増えたことでしょう。

 

9月12日執筆

 

2018/09/19 11:09 | メールマガジン

[先頭]  <<    3   4   [5]   6   7   >>   [最後]

この情報に関するお問い合わせ先

秘書広報室

電話番号:0465-63-2111  FAX番号:0465-63-7333

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町秘書広報室へのお問い合わせフォーム

秘書広報室のページはこちら

よく閲覧されるページ

ふるさと納税

ふるさと納税

交通アクセス

湯河原町への交通アクセス


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.