サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2015年02月19日


町長写真
2020年06月01日(月)

第288号(6月1日配信)

国の「緊急事態宣言解除」に伴い、この現状をどの様に受け止め、この先をどう考えるかなど、私なりに考えてみました。あくまでも現時点での事とご理解下さい。

 

まずは、新型コロナウイルス感染症の影響が日本国内で顕在化してから、町民の皆様、お一人お一人が、それぞれの立場で「自粛」を心がけてくださり、今回の解除に繋がった事は申すまでもありません。

あらためて、ご協力に心より御礼申し上げます。
そして、医療機関などにおいては、職責とはいえ感染リスクを恐れず、大切な命を守る為に未知のウイルスに立ち向かってくださる従事者の皆様、そしてそのご家族に、敬意を表するとともに、重ねての感謝です。


これまで「解除」がいつなのかが最大の注目点であった訳ですが、実際に解除された事への受け止め方は、十人十色かと思います。
表現が適切かどうかわかりませんが、私の受け止め方を短い言葉でお伝えすると、国は、感染拡大防止を自己責任において取り組んで欲しいと、分かりやすく言えば、こんな言葉に置き換えられるかと思います。
国から「突き放された」、こんな風にも言い換えられるかと。
冷たい言葉の響きとして伝わってしまう事は、本意では有りませんが。


緊急事態宣言が解除されたとはいえ、今なお、漠然とした不安がありますよね。

目に見えないウイルスへの恐怖。経済活動が動き出すと、それに伴う感染拡大、その一方では、経済が順調な回復軌道に乗れるのか。他にも色んな行き場のない不安を誰しもが、持っておられると思います。


ではこれからはどうすべきかと考えると、やはり第二波、第三波への備えはとても大切ですので、これまで皆様が取り組まれた、「まめな手洗い、マスクの着用、三密を避ける」など、自粛の中で培ってきた取り組みを教訓として、継続していただく事が、確実かつ現実的な事と思っております。引き続き、この気構えは緩める事なく取り組んで下さい。
そして次なる期待は、「収束」がいつなのかに尽きますが、ワクチン開発、万が一感染した際の処方の確立など、いま行われている、医療分野での研究が確立され、誰しもが検査と受診を日常的に受けられるようになれば、収束が見えて来る事になるかと思っております。

その日が来るまで、このウイルスと上手く付き合うことが現実です。


もう暫く、頑張っていきましょう。

5月27 日 執筆

2020/06/01 18:58 | メールマガジン


この情報に関するお問い合わせ先

秘書広報室

電話番号:0465-63-2111  FAX番号:0465-63-7333

パソコンからのお問い合わせは次のリンクから

湯河原町秘書広報室へのお問い合わせフォーム

秘書広報室のページはこちら

よく閲覧されるページ

ふるさと納税

ふるさと納税

交通アクセス

湯河原町への交通アクセス


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.