サイト内検索

文字色変更

文字サイズ

最終更新日:2018年06月12日


大韓民国忠州市 海外駐在員 レポート
[1]   2   3   4   >>   
2019年09月18日(水)

朱蒙

こんにちは。
朝夕韓国では、もう秋の気配を感じる心地良い風が吹き、コウロギや鈴虫の奏でる音が日中の忙しさを癒してくれる今日この頃です。
韓国で数年前放映された、朱蒙(チュモン)というドラマを知っていますか?
全81話作で、『三国史記』などの神話を元に、高句麗初代王とされる朱蒙(東明聖王)を主人公として製作された韓国の歴史物語(ファンタジー)の内容でした。
当時なんと平均視聴率40%以上で、韓国テレビドラマ史上4位の記録だったそうです。
今月はその昔、アジアを広く征服し700年間統治したという国、高句麗が残した石碑を紹介いたします。
忠清北道中原郡(現在の忠州市。1995年改称)中央塔面龍田里に忠州高句麗碑(ちゅんじゅこうくりひ)があります。
忠州市が位置する忠清北道は4~7世紀頃に新羅、百済、高句麗の三国が争った地域でした。
忠州は観半島全体からみるとちょうど中間の位置にあり、南漢河の水路があるため、流通手段のとても良いところとして発展し、各国が忠州を自分の国の領土にしたいと戦いが耐えなかった土地です。
支配してくる国がよく変わるため忠州の人達は土地がら、今でもあまり本音を言わないとも聞いたことがあるほどです。
満州の南部で建国した高句麗が5世紀に入りさらに勢力を伸ばし、南下して朝鮮半島の中部まで領域を広げました。
当初は百済の勢力下だった忠州も、高句麗からの侵攻を受け高句麗の領土となり、5世紀中後半に建てられた石碑と推定されています。
それは当時の高句麗と新羅の関係を知ることができる非常に貴重な石碑として、韓国の国宝第205号に指定されています。
この貴重な1500年以上にわたり静かに眠っていた石碑を発見したのは、名のないアマチュアの歴史調査チームでした。
新羅、百済、高句麗の三国が接した独特の文化を持つこの忠州地域に沢山の歴史の跡があるはずだと情熱を注ぎ、集中的に調査、発掘に全力を尽くしたといいます。
学生から教師や会社員などの人から結成された歴史調査チームは、忠州で様々な歴史の遺物を発見しました。
調査団は、忠州の各地を一年かけて調査し続け、最後の調査に向かった日、遂に立石村の入り口に放置されていた石碑が、ただの石碑ではなく歴史的価値を持つ遺物として発見したのです。(1987年)
立石村の前を通りかかった時、団員の一員があの石は何か不思議だとして車を止めたそうです。
当時、村の入り口に石が立っていたので、そのまま立石村とつけられたそうですが、昔は村の入り口に村の名前を刻んで建てた石碑が多くあり、価値のあるものとは誰も知ることはできませんでした。
石碑はこけが沢山ついていて何も見えない状況でしたが西陽に照らされた石碑からかすかに"大王"という文字がみえたそうです。
後に本格的な調査が始まり韓国に残っている唯一の高句麗碑である事がわかりました。
朝鮮半島内に勢力を拡大した長寿王の時代、高句麗が新羅を従属させていたことを示す貴重な資料であり、2012年には忠州高句麗碑展示館が開館され室内に保存・展示されています。
館内には高句麗の遺産や説話、生活像など様々な内容が展示されていて、夏休みには歴史に興味ある家族ずれが全国から沢山訪れたそうです。
2019年8月30日

続きを読む...

2019/09/18 16:51 | 忠州レポート

2019年08月13日(火)

蓮花

いよいよ本格的に暑い日々が続きますが湯河原の皆様はどのようにお過ごしでしょうか?
韓国では蓮の花が咲き始め各地で蓮の花の名所に訪れ、観光を楽しむ人達の風景をニュースで見たりします。今月は蓮の花をテーマにご紹介いたします。
忠州市でも先日、市内にある国原(クウオン)高校に隣接した蓮の花の咲く公園で夕方、昼の暑さを癒してくれるよに涼しい風が心地好く吹くなか<文学と音楽が出会った一夏の夜蓮の花祭り>がありました。
国原高校の主催で生徒、先生、生徒の父母たち、国原高校の近くの住民達も参加するお祭りを通して、学校と町が共に繁栄し手と手を繋ぎながら共に歩もう!という主題で文化公演がありました。
蓮の花の中に舞台と観客が設置され音楽や詩の朗読などに聞き惚れながらあっとい間の2時間でした。
蓮の花と言えば韓国では陰暦の4月8日がお釈迦様の生誕日で公休日です。そしてその1週間ぐらいまえから町の道などが蓮の花のぼんぼりで装飾され夜になるとその灯火がなんとも幻想的なものです。
仏教では泥水の中から生じ清淨な美しい花を咲かせる姿が慈悲の象徴とされているそうです。
また蓮の花で思い出されるのは韓国の昔話でシンチョンジョン(沈清伝)という話が有名です。
韓国の昔話(童話)は儒教の教えを土台とした孝、烈、義を組み入れた話が多くシンチョンジョンは孝を現す代表作のひとつです。
目の不自由なお父さんを目が見えるようになるようシンチョンという娘が自分を犠牲にしながら親に孝行を尽くす話ですが、死んだと思われていたシンチョンが蓮の花の中から登場する場面はとても感動的です。
余談ですが蓮の花の根(地下茎)がれんこん(蓮根)だったとは今回の記事を書かせていただきながら初めて知りました!!笑 笑

続きを読む...

2019/08/13 16:57 | 忠州レポート

2019年07月24日(水)

韓国本場の焼き肉

 

続きを読む...

2019/07/24 15:05 | 忠州レポート

2019年06月12日(水)

酒博物館

 

続きを読む...

2019/06/12 13:40 | 忠州レポート

2019年05月08日(水)

忠州ダム桜祭り

 忠州ダム忠州ダム

続きを読む...

2019/05/08 10:09 | 忠州レポート

[1]   2   3   4   >>   

よく閲覧されるページ

ふるさと納税

ふるさと納税

交通アクセス

湯河原町への交通アクセス


湯河原町役場
住所:〒259-0392 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2-2-1 電話:0465-63-2111 FAX:0465-63-4194

COPYRIGHT TOWN OF YUGAWARA, ALL RIGHTS RESERVED.