ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 町長の部屋

本文

町長の部屋

ページID:0004913 更新日:2024年5月17日更新 印刷ページ表示

冨田町長の逝去について

冨田幸宏 湯河原町長は、令和6年5月5日にご逝去されました。

生前のご功績にあらためて敬意と感謝を捧げますとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。

「四季彩のまち 湯河原町」 へようこそ

冨田幸宏町長の写真 

 

 神奈川県の西南端、東京から約90kmで伊豆の玄関口に位置する湯河原町は、三方を箱根伊豆の山々に囲まれ、南東は相模灘にのぞんでおり、海、山、川などの恵まれた自然環境や歴史文化の漂う街並みなど、多彩な表情をもつ風光明媚な観光のまちです。沸き出でる温泉は大変上品な泉質のうえ効能にも優れているため、遠く万葉の時代から湯治場として栄え、明治以降には文人墨客の静養地として発展してまいりました。

 脈々と現在も息づいている町民共有の誇れる財産である、関東屈指の雄大な「幕山梅林」や、一年を通して多くのサーファーを惹きつけ、冬の澄んだ空気の中では、水平線から昇る日の出を望むこともできる「湯河原海岸」をはじめとする美しい自然環境。さらには、古くから温泉街として名を馳せた情緒あふれる姿を残す「湯元通り」や、木々と川のせせらぎの中で、緩やかなひとときと非日常感を味わえる、川沿いのテラスや日帰り温泉施設を核とする、日本の歴史公園100選にも選定された「万葉公園 湯河原惣湯」などの歴史や文化を感じる施設。このほかにも様々な地域資源に恵まれた観光地として、訪れる人々にきっと満足いただけるものと確信しております。

 今後も、こうした地域資源と人々との交流を有機的に連携させ、「人を癒して、1200年湯河原」のキャッチコピーのもと、歴史に逆らわない風情漂うまちづくりを進め全国へ発信してまいります。

 このホームページをご覧になった皆様が、「湯河原町」にお越しくださることを心よりお待ちしております。

 

湯河原町長 冨田 幸宏

YUKIHIRO TOMITA

Mayor of YUGAWARA-Town