ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 町立湯河原美術館

本文

町立湯河原美術館-トップページ

ページID:0005244 更新日:2024年1月15日更新 印刷ページ表示

美術館ロゴマーク

美術館外観写真

 

 湯河原は、万葉の時代より知られた温泉地。この地を愛した画家や文学者たちが多く訪れています。
 町立湯河原美術館は、近代日本画の巨匠・竹内栖鳳や洋画家・安井曾太郎、三宅克己など湯河原にゆかりの作品を集める美術館です。平成10年に老舗旅館を改装して「湯河原ゆかりの美術館」として開館しました。
 平成18年10月、日本画壇の第一線で活躍する日本画家・平松礼二の作品を展示する「平松礼二館」を開設し、収蔵品を展示する「常設館」と併せ、館名を「町立湯河原美術館」に改称しました。平成29年に「平松礼二公開アトリエ」をオープン、日本画家のアトリエを随時ご覧いただけます。
 美術館に隣接する庭園では、自然の山々を背景に、桜、新緑、紅葉など四季折々の景色を楽しめます。また、庭園の池では、平松画伯がモネ財団から譲られた貴重な「モネの睡蓮の株」を育成しています。
 平成30年にオープンしたミュージアムカフェは、テラスや足湯を併設し庭の木々に囲まれた憩いの場となっています。
 上質な芸術品とともに、癒しの時間をお過ごしください。

新着情報

2024年1月20日更新
「湯河原町小・中学校 児童・生徒作品展」(第22回湯河原町こどもギャラリー)​開催中
湯河原町教育研究会主催の児童生徒作品展が、町内の小中学校での展示を経て、町立湯河原美術館に巡回しています。
湯河原町の小さな芸術家たちの作品を、町の人々だけでなく、美術館を訪れた多くの方にご覧いただければ幸いです。

【会期】
前期:1月18日(木曜日)~1月30日(火曜日)中学校の作品展示
後期:2月1日(木曜日)~2月13日(火曜日)小学校の作品展示