ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 家庭教育 > 「うちどく」のすすめ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 教育委員会 > 「うちどく」のすすめ

本文

「うちどく」のすすめ

ページID:0001830 更新日:2021年12月1日更新 印刷ページ表示

 「第三次湯河原町子ども読書活動推進計画」では「うちどく(家読)」を推進しています。
 「うちどく(家読)」とは、家族で読書の習慣を共有することです。
 家族みんなで好きな本を読んで、読んだ本について話す。これが「うちどく」の基本です。
 むずかしいルールはいりません。家族みんなでルールを決めてはじめてみましょう。同じ本をみんなで読めば、会話もいっそう弾みます。また、お互いに本をすすめあう、家族そろって図書館や本屋さんで本を選ぶなど、読む本について相談しあうことでもコミュニケーションが深まることでしょう。
 下のリンクから「うちどくノート」をダウンロードできますので、ぜひご利用ください。
 また、「うちどく(家読)」に関する詳しい内容は、こちら(家読推進プロジェクト)<外部リンク>をご覧下さい。

うちどくノート[PDFファイル/1.95MB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)